老化を防止するには必要な抗酸化力

食事から摂取する栄養素こそが、健康な体と美しい肌をつくります。
これに気を付けるかどうかで見た目の年齢に大きく違いが出てきます。
美容上どうしても取り入れたいのが、抗酸化作用のある食品です。
ここではいつまでも若々しくいる上で必要な食事について解説します。

・抗酸化物質

美容を守る上で気を付けて取りたい食べ物は、抗酸化物質を含んでいるものです。
肌の老化の原因になる活性酸素は細胞や組織にダメージを与えて、シミやシワのエイジングの原因になります。
この宿敵の活性酸素に対抗できる味方が抗酸化力です。

人体に備わっている抗酸化力は年齢を重ねるごとに減っていきます。
でも食品や化粧品を気を付ける事で、抗酸化物質を取り入れる事ができるのです。
抗酸化物質の代表的なものとしてはビタミン類です。

特にビタミンA,C,Eの3種類が抗酸化作用に優れています。
ビタミンAはレバーなどに含まれていて他には、ニンジンなどのβーカロテンも体内でビタミンAに変化します。
油性ですから油と一緒に摂取する事で吸収率をアップできます。

ビタミンCは美白効果やコラーゲンの生成を助ける効果でよく知られていますが、抗酸化力も強くて、老化全般を予防できます。
ビタミンCというと果物から摂取できると思うかも知れまんが、実は野菜にもたくさん含まれています。
れんこんやカリフラワーなどにもたくさん入っています。

果物は体を冷やす作用があり糖質も多めですから、ビタミンCは果物だけではなくて野菜からも摂るようにする事をお勧めします。
また植物に含まれているポリフェノールにも注目したいですね。
これは植物の光合成によってできる、植物の色素や苦み成分の事で5000種類以上もあると言われています。
代表的なのものには緑茶に含まれているカテキン、大豆に含まれているイソフラボン、ゴマに含まれている成分のリグナンなどがあります。
これらは強い抗酸化力があります。ですから細胞の修復をする効果を期待できます。

また天然の色素であるカロテノイドも抗酸化力が強いので、取り入れたいですね。
ニンジンやホウレンソウに含まれているβーカロテンもその一種です。

ここに挙げたきたように抗酸化物質は複数あります。そしてその効果もそれぞれ違います。
一つの食品を偏って取るような食事をするよりも、いろいろな食材を使う料理をする方がいいでしょう。 

また活性酸素を増やしてしまうような食品もありますから気を付けたいところです。
例えば、調理後、時間がたつにつれて酸化した油脂類は、活性酸素を生み出す元になります。
古い油で料理を作るとか、揚げ物を作りおきしないように注意しましょう。

ニキビや黒ずみは肌の汚れから発生するものです!
なので毎日のスキンケアをしっかりしましょう!

エマルジョンリムーバーを使えば、簡単に肌の汚れを根本から丁寧に落とすことが可能です!

詳しくはこちら▼
http://www.hotelmalpensa.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です