「 2014年07月 」一覧

転職に悩んでいる人へ

終身雇用の概念が崩れ去った今、転職をするということは当たり前の時代になりました。

 

一昔前までは転職をするというのは少し恥ずかしい、出来ない人という側面を持っていましたが、今ではそういう感覚はあまり無いと思います。

 

もともと仕事は続けることが大事というのは日本特有の考え方であり、欧米では転職は昔から盛んに行われています。とは言ってもここは日本ですし、転職が盛んになってきているとはいえ、地方都市ではまだまだ転職に対する抵抗はあるかもしれません。

 

また、一度会社を辞めてしまうとなかなか次の就職先が無いというのも理由として大きいと思います。

 

最近では企業買収や合併などが盛んに行われ、ヘッドハンティングもものすごく増えました。京セラの稲盛氏が日本航空の再建をしたり、最近ではマクドナルドの原田氏がベネッセに移ったりと企業間でトップが変わることは当たり前の時代になっています。もちろん、会長や社長だけでなく、その下の専務や部長なども盛んに企業間で行き来が行われています。

 

そう考えると一般従業である私たちが転職をためらう理由はあまり無いようにも思いませんか?自分のやりたいことが見つかったのに、せっかく入った会社だからと無駄に続けている方がもったいないと個人的には思います。

 

何も見付からなければ、生活がありますからその仕事を続けるのが最善だとは思いますが、やりたい事やってみたい事が見つかったのならどんどん転職しても良いのではないでしょうか。

 

また、転職はどうしても学歴や経験、年齢などが付き纏ってきますので、そういうところも考え行うようにしましょう。

 

出来れば在職中に面接に行った方が良いですよね。

 

会社にとっては配信行為となってしまいますが、自分の人生には変えられませんからね。

 

最近は景気も回復し雇用も安定してきています。
やりたい仕事が見つかったのなら思い切って動いてみるのも良いと思いますよ。
悩んでいる時間の方がもったいないですね。


一般人の方がいい

芸能人を見ていると華やかな世界で、いつも美味しいものを食べていて、すごい家に住んで、年末は海外旅行に行って、美男美女同志が結婚をして、ちょっと働いただけですごい高いお金を貰って…などなど羨ましいと思いだすとキリがないかもしれません。

 

でも、私は芸能人よりも一般人の方が人生はずっと楽しいと思います。

仮にあなたが有名人になったと想定してみましょう。
テレビにひっぱりだこでものすごくたくさんのファンがいます。

 

確かにそれは素晴らしいことですが、気軽にコンビニにも行けなくなってしまいます。
ファンにちやほやされるのが羨ましいと思うかもしれませんが、もちろん最初はそれがすごく嬉しいと思います。でも、芸能人といえども人間です。気分が乗らない時もあると思います。それでもファンには笑顔で対応しなければならないんです。それが嫌だと感じればどこにも行くことが出来なくなってしまいます。

 

しかも、今はネットなどで何でもすぐに話題になってしまいますから、迂闊に軽率な行動も取れませんしね。昔から表舞台に立つ人は誹謗中傷を受けやすいものですが、今はネットで誰でも簡単に誹謗中傷することが出来る時代、そしてそれを見れる時代になりました。

 

あなたが芸能人ならきっと自分の評価が気になってネットで誹謗中傷を目にすることもあると思います。かなり図太い神経が無いと今の芸能界は生きていられないと思いますよ。

 

そう考えるとすごく閉鎖的な世界だと思いませんか?
どこにいても自分のことを知られていて、自分のことを見られている。

確かに生活は豊かかもしれませんが、正直心が豊とは思えません。

 

夢のある商売ですが、本当に大変なんだろうなと思います。

気楽な分一般人の方がよっぽど人生は楽しいと思いますよ。


楽観的になることの大切さ

人は悩んでしまうと視野が狭くなります。
視野が狭くなると考え方の幅も狭くなり良いアイデアが生まれなくなります。

 

良いアイデアが生まれないと行動力も低減し、どんどん負のスパイラルへとはまっていってしまいます。

 

このような事態に陥らない為に大切なのか、物事をあまり悲観的に捉えないことです。
反対に言えば物事を楽観的に捉えることとも言えます。

 

例えあば一ヵ月に使えるお金が3万円しかないとしましょう。

悲観的に捉えると一ヵ月で3万円しか使えない…。
どうしよう、何も出来ない。
だったら人と連絡を取ることを止めよう、そうすればお金が減ることもない。

…そんな考え方をしてしまうかもしれません。

 

ですが、楽観的な考え方の場合は、

今月は3万円しか使えないが、とりあえず半分までは自由に使おう。
残り半分になったらいらない物を売ったり、我慢出来るところは我慢して、必要なものにだけお金を使うようにしよう。

 

などと、悲観的に考えるよりも行動の選択肢が増えていることが分かると思います。

 

楽観的になることでこのようなアイデアが生まれてくるばかりでなく、ストレスの蓄積も軽減することが出来ます。悲観的になるという考えは勿論重要ですが、あまりその考え方だけに偏り過ぎると良くない方向へ行ってしまう場合がほとんどですので、楽観的の中に悲観的な要素を取り入れるくらいが丁度良いかもしれません。

 

生きていると悲観的に考えてしまうような出来事ばかりかもしれませんが、そこを楽観的に捉え良いアイデアが生まれるよう気持ちを軽くしておくことは重要なことだと思います。

 

どうせなら楽しく考えた方が人生も楽しいというものです。

あまり難しく考えずに肩の力を抜いて楽にいきましょう。


生きているだけで丸儲け

今の社会は色々と不安定過ぎて将来がとても不安だ…という人はとても多いと思います。

年金、仕事、病気、子供、借金、恋愛、結婚…悩みのジャンルなど数え上げたらキリがありませんね。

そんな悩みを救ってくれる格言があります。

 

お笑い芸人の明石家さんまさんの言葉なのですが、

「生きているだけで丸儲け」

という言葉があります。

 

生きているからこそ喜怒哀楽を感じることが出来る。
生きているからこそ楽しみも苦しみもある。

きっとそういうことなんだと思います。

将来は確かに不安です。
しかし、まずは今幸せに生きているならそれでいいという考え方も有りではないでしょうか。

死んでしまえば何にも無くなってしまいます。
そう思えば生きているだけで丸儲けなんです。

 

こんな人生なら生まれてこなければ良かったという人もいるかもしれません。

 

でも、そんな苦労の絶えない人生の中でも楽しいことや感動したことはたくさんあったと思います。それを味わえただけでも言ってしまえば丸儲けなんです。

 

自分は幸せじゃないと思う人は、
まずは他人と比較するのを止めてみて下さい。
おのずと力が抜け気分が楽になりませんか?

人生は他人と幸せを比べる競争ではありません。

 

まずは自分の人生を楽しむこと。
苦労も楽しみのうちと思い、生きているだけで丸儲けの精神で生きていくのも一つの方法だと思います。

他人は他人、自分は自分なんです。

 

人間の最後、
幸せな人生だったなと思うのでは自分であって他人ではありません。
他人から幸せに見えていても自分が幸せと思えない人生なんて悲しいじゃないですか。

その逆ならどうでしょう。

 

なんかすごく儲けた気分になりませんか?

将来の不安はあると思います。
しかし、まずは今生きていられることを幸せに思ってみて下さい。

一日一日を大切に…今日という日は一生に一度しかない大切な日なんですから。


最近の親は過保護過ぎないか

最近すごく驚いたことがあります。
丁度下校時間と重なったと思うのですが、ある小学校の前を通ると…児童の親御さんがたくさん迎えに来ている光景を目にしました。

 

私が小学生の頃は親が迎えに来るなんてことは悪いことでもしない限り無く、具合が悪くても自分で帰って来いというような時代でしたが、今では親が子を迎えに行くのが当たり前の時代なんでしょうか。

 

親が子を心配する…確かに当たり前のことですし、迎えに行きたい気持ちは分かります。しかし、登校時間や下校時間も子供にとっては大切な「学ぶ」時間だと私は思います。学校で学ぶのは勉強だけではありません。集団生活や友達付き合いなど、そういうものを学ぶ時間としても重要な時期だと思います。

 

その重要な時間を親が台無しにしてしまっている…そういう風に見えてなりませんでした。

 

とはいっても、小さい子が行方不明や誘拐される事件は後を絶ちません。ですので、通学路を保護者が見守る…こういう行いを街全体が行えば良いと思うのです。そして、それはボランティアではなく、そういうところこそ税金を使うべきだと思うのです。

 

役に立たない施設を造るよりはよっぽど建設的だと思います。

日本の未来を担うのは今の子供だちです。
そんな子供たちが過保護の状態で育っては良くないと思うんです。

 

これから少子化になり、海外から多くの移民者が増えることが予想されます。

今のままでは移民者に日本を乗っ取られてしまうのは目に見えています。

 

日本の政治は一体何がしたいのか分かりません。

もう少し未来を見据えた政治というものを行って欲しいと思います。

 

この平和な日本において、
親が子供を迎えに行っていることはやはり過保護であるとしか思えません。

今回は個人的な日本の将来の悩みとして投稿書かせて頂きました。


不安を解消する方法

このブログを読んでいる人の中には、明日大事な部活の試合がある人だったり、大勢の前での発表会であったり、合格したいオーディションだったり、何かのテストだったり、就職の面接だったりなど、今とても不安な状態にある人がいるかもしれません。

 

その不安やプレッシャーは、今後自分に降りかかる壁を乗り切る為にも経験しておくことだと思いますし、どうかそれを乗り切って次のステージへ進んで欲しいと思います。

 

しかし、中には不安やプレッシャーとうまく共存出来ず、単にマイナス要素にしかならない方もいると思います。そんな方の為に不安の解消方法を教えたいと思います。

 

それは…テストなら勉強、試合なら練習、就職の面接なら面接のイメージなど、とにかく練習をすることだと思います。練習をすればするほど不安が自信に変わってくるはずです。

 

あまりにもありきたりの答えなので拍子抜けした方もいらっしゃるかもしれませんが、でもこれが最も効果のある方法だと思います。

 

明日のテストが心配なら、テストで良い点数を取る為に勉強をするのではなく、不安を解消する為に勉強してみて下さい。良い点数を取ろうとするとどうしてもプレッシャーになってしまい、なかなか頭に入らなかったりしますが、不安を解消しようと勉強をすると意外と頭に入ってくるものなんです。

 

大勢の前での発表会などの場合はとにかく反復練習をすること。しかも、頭の中で大勢の中で発表していることをイメージしながらやることでその効果はもっと高くなることでしょう。この場合も、明日うまく発表することを考えずに、今抱えている不安を解消するように取り組んでみて下さい。自分が納得いくまで、不安が解消するまでやってみる。

 

これが最も効果的な不安を解消する方法です。


悩むなら東京に行こう!

悩みを解消する賢人!
第一回目は仕事に悩める若者へ向けたものにしました。

題して「悩むなら東京に行こう!」です。

 

仕事が楽しくないとか、仕事が見つからないなどの悩みを持っている人で、東京以外に住んでいる人は一度東京に出てみることをお勧めします。

 

なんで東京を勧めるのかというと…東京にはなんでもあるからです。

東京に無いものは無いと言っていいくらい東京にはなんでもあります。

 

やりたい仕事があなたが住んでいる街にあったとしても、定員が少なかったりとか、かなりの学歴がないと入れなかったりとか、地方都市は企業自体も少ないので、それだけチャンスが少なく良い才能が埋もれている場合がほとんどです。

 

一方で東京は確かに人口も多いですが、その分企業も多く、規模の大小はあるもののやりたい仕事が見つかる可能性が非常に高いです。しかも、地方都市の学歴社会に比べ、東京は大手企業でもない限りは実力や人間で判断してくれるところが多いですからチャンスもそれだけ広がると思います。

 

また、人脈作りにも東京は持ってこいです。

よく東京の人は冷たい…なんて言われますが、
そもそも地方からの集まりで成り立っている東京の人間はむしろ暖かい人が多いと思います。

 

もちろん街行く人だったりマンションの住人だったりはあまり仲良くなることはありませんが、会社の同僚だったり、居酒屋に行った時の大将だったり、ちょっとしたことで人間関係を築きやすいのも東京の特徴の一つだと思います。

 

今何かに行き詰まり人生が楽しくないと思え、
且つ、東京に住んだことが無い方は、一度東京に行って住んでみて下さい。
観光では意味がありません。
東京で仕事をし、生活をすることに意味があります。

きっと新しい自分を見付けることが出来ると思いますよ。

悩むなら東京に行ってみましょう!